本文へスキップ

社会福祉法人巣立ち会  リカバリーカレッジ
電話番号:
0422-34-2761

受講生の声

 受講生の声

リカバリー入門

・おなかをカパっと開けてみたら私はいろんな人のサポートによる「共同作品」…?ということに気づけたのが衝撃的でした。
・まわりに助けてもらっていたこと気付いたこと、それによって自分ができていると思える講師の心が本当に素敵!!です。そんな素敵な講師はきっと素敵な人たち(の心)できているんだろうなあと思いすごいことだなあと思いました。
・お話の中で「色んな人のサポートや想いで、今の自分ができている」「私の命は私だけのものではない」とおっしゃっていたことです。この2つのことを忘れずに、命を大切にしていかなきゃいけないなと思いましたし、今までサポートしてくれた方々のことが沢山浮かび、1日1日をより大切にしていきたいと改めて思いました。
・スタッフになりたい
・消えるに消えられなくなっちゃったという言葉が、講師の心とからだから、じわっと出てきて、聴いている私たちにも、じわっと効いているという感覚を得ました。素敵なお話ありがとうございます。
・フロアの方声にも、真摯に耳を傾け、ユーモアも交えてお答になっていたのが、とても良かったです。
・生きていていいのかなーって事で僕自身もわからないけど僕のことを思ってくれるんだなーと聞いたとき勇気づけられました。
・助ける、助けられるとは何か本能みたいな気がする。両方には必要のかな?
・「私の命は私だけのものではない。」この考えをこれからの人生に決して忘れず大切な縁と絆を自分の肥やしにしていこうとひしひと感じました。
・思っていた以上に人数も多く、様々な方が参加されていた。とても良いと思いました。
・講師の話とリカバリーツリーの言葉、心に響きました。思っていた以上に人数も多く、様々な方が参加されていた。
・あなたにとってのリカバリーは?いうワークは、かなり難しく感じまたが良い言葉が沢山でていましたね。
・リカバーカレッジ、皆さんが頑張って進化させていることがとてもよくわかりました。はじまりの講師2人掛け合いよかったです。PLAの紹介よいですね。わかりやすい名前をぜひ。



前へ戻る

意図的なピアサポート(IPS)

・講師お二人のLeadと意見のmatchingが絶妙だったこと
・“新たな可能性に目を向けお互いとっての学びや気付きを生み出すような関係“、むずかしかったです。もっと勉強なくてはいけないと思ました。
・「支援を受けるという事」言葉が印象的でした。
・「大変な体験を共有した後で」そこに開かれていく関係、という言葉に深く考えさせられました。
・自分に対する思い込み、誰かに対する思い込み、自分の使う言葉や相手の世界観はつながっていて、自分のことや対人での場面で考えさせられるものがありました。
・最終回の「言葉と世界観」が、講座を集約している感じがしました。
・真っ白なキャンパスに、みんなで色を塗っていくような感じがし、とても気持ちよく「学び」を深める事が出来ました。ありがとうございました。
・意図的なピアサポートが楽しめまた。
・最初は、この講座の「おみやげ?」「IPSってなんだろう?」と頭をグルグルさせていました。後半、「この場」を味わうことに注意を向けたところ、あ、この感じが新しい可能性に目を向けた感じかな、と。
・講師の優しい語り口での司会進行は、ほっとして講座に臨むことができました。「1.はじまりの確認」はウォーミングアップ、脱力(なんとなく)にもなり、良かったです。「静かな時間を味わう」も、クールダウンになりました。


前へ戻る

体すっきり!楽しく動いてみませんか

・やりすいポーズであったこと。
・ぶらぶらの後、姿勢が良く気持ちよかった。
・身体をゆするだけで筋肉がうごく点が興味深かった。
・身体が硬くてできないことばかりで面白くなかった。
・正座できる運動など、珍しい知識を得ることができました。
・スタッフの笑顔が明るくてよかった。
・自己紹介のスムーズさ!
・正しい姿勢が力をぬいてくことで自然にできたこと。
・自分の身体のかたさが印象に残った。
・ストレッチはからだによいのな、と改めて思うことが出来た。
・ゴキブリ体操が印象に!
・ストレッチの効能、自分の身体の硬さを改めて実感。
・機会があればイスに座ったままできる運動などを知ることができると良いかな思ました。
・自宅でもできそうなのでチャレンジしたいです。
・運動不足を感じたので毎日実施してみようと思います。
・普通の人より優れている本物の講師だと思った。
・普段から身体が硬く、ゆるめることすらなかった。意識して体を動かすことがいかに良いのかが分かりました。
・意外と本格的(ハード)でしたが、作業所でできそうなことに早速取り組みたいと思います。
・身体を動かす講座は今最も必要で、ありがたいです。これからも運動に役立つ講座、体を動かす講座をやっていただけると嬉しいです。
・普段のストレッチの大切さと、高い靴ほど体に悪い!!なあるほどね、と思いました。
・身体をうごかせて気持ちが良かったです。
・今日はひざの筋肉に結構きました。丁寧でにこやかでよい授業だと感じました。
・具合が少々わるかったのであまり上手にできなくてすみませんでした。


前へ戻る

アサーション

・アサーションに興味をもって集まった方達のため、皆さんとても楽しく話せてよかったです。みな裏と表があって、それを自覚できていることが面白い。
・自分にも誠実に正直であるということ。
・自分の目標が少し見えてきた気がする。
・相手があってのことなので、顔が浮かんできたりして、自分の心がチョビット分かったような気がしました。
・ちょっとむずかしかった。
・アサーションには「自分の思っていることを自分で理解し尊重すること」が大切になってくる、というところ。このページ、もっとちゃんと読みたいです。
・誰が相手でも表現はするということ。
・“自分を知る、何を伝えるかを自分で分かっていることが大切”ということ
・今まで否定的だった自分の性格に対して肯定的になりつつある、と気づいたこと。
・「アサーション」という講座の中で「自分を知るエクセサイズをやったことに価値があるな〜と思いました。
・自分について理解が深まって課題も見えてよかったです。ロールプレイの時間がなくなってしまいましたが、実際に練習してみたかったな、とそこだけは残念に思いました。
・話し合いやシェアの時間が多かったのが良かったです。今後ロールプレイを何度かやるようなクラスがあったらいいな…と思います。ぜひよろしくお願いします。
・店員さんが相手のロールプレイはとても難しく感じました。
・身近な人とのコミュニケーションで相手を尊重する言い方はどのようなものかを知りたいと思いました。どういう言い方をするといいか…という例。いくつかあげてくださるとわかりやすいかな?と思います。
・ありがとうございました。二人一組で話すということであらためて「自分とちがう!」が発見でき、自分らしさがよくわかりました。

前へ戻る

みんなどうしてる?

・リカバリーカレッジのいいところは、「自分は自分の専門家」と1回目の講座でいっていただいき、火がつきました。
・参加者の方の“いいと言われていることは色々あるけれど、自分に合うかどうかはわからないので自分を知る必要がある”という言葉。
・“トライ&エラーでやってみる“という言葉が特に印象に残りました。
・自分が自分の専門家であるということ。
・自分を知ることが行動を変える第一歩であるということ。
・睡眠が短いほうが好調である場合もあること。
・寝る事が脳に大切だということを学びました。脳は活動しているのだなぁ、と思いました。
・全4回の中でつくりあげた「空気、時間」そのものがとても貴重でした。「自分らしさ」を大切にしている点がすごく素敵でした。
・多くの人の工夫を知れる機会が一番ありがたいです。ありがとうございました。
・参加者の方がいっていたように、もっと掘り下げた内容について学びたい。
・食事、運動の回では最初から「どのようなものが良いか話し合ってください」とワークに入って、漠然としていて話しづらく、また自分の考えやみんなで話し合っことが、健康という点で正し方向をむいているのか心許なく思ました。 “睡眠”の回では、まず情報の提示があってから話が出来たので不安がなく、また、そのために頭に入ってきやすかったです。

前へ戻る

当事者研究ミーティング

・自分いじめ、自己嫌悪が印象に。
・それでも自分はこう思う!良いんじゃない?って思うのが自分の考えになるかな?
・大人への不信がトラウマになる。自分もその事に共感した。
・2回目の「お仕事をお休みしてしまう」苦労についてが、とても印象的で勉強になりました。
・答えは出ていないまでも、今自分を守る術は身につけていればと分かった。これからどうしたいか分からないが、今までやって来たことの整理をして新しい方法をとっていきた。
・やはり楽しいプログラムだよね 。

前へ戻る

WRAP

・重い内容のテーマでも、多く方が意見を出し共有できたことが印象に。
・参加している全員で作る雰囲気が過ごしやすかった。使えるアイテムが随分ふえました。
・温かい雰囲気の中で学ぶことがきて良かったです。資材や説明もわかり易く学びを深めることができました。
・とてもゆったりし気持ちで全会を過ごせて感謝です。

前へ戻る

ピアカウンセリグ講座

・皆が和やかで真面目に一生懸命取り組んでいた。雰囲気がよかったです。
・最終回修了証書が印象に。
・「最初の一歩」はこんなに短期間で相手の本当の良い所なんて見えるはずもなく、自分にとっては何の助けにもならかた。また、相手の事も上っ面だけしか見えていないのに長所などかけない。
・講師、リーダーチームともこの座を盛り上げようと頑張ってくれいたのには感謝します。

前へ戻る


どんなものかしら、私って

・講師の逆に長所をとらえられる感受性や受講生のお笑いが印象に。
・「やりたい事が全て叶ったことを前提にする」というころが非常に面白かったです。
・今回は“くすぶっている種”でした!吐き出せて少し落ち着いた気がます。
・温かな雰囲気が流れていて、気持ちよく受講することができました。ありがとうございました。
・色々な視点から自分をみるのは、すごく必要だと思いました。

前へ戻る


社会福祉法人巣立ち会(リカバリーカレッジ運営チーム)

〒181‐0014
東京都三鷹市野崎2−6−42 巣立ち会リカバリーカレッジ

Tel:0422-34-2761
Fax:0422-39-7781
E-mail:rc@sudachikai.eco.to