ルポゼ
うつ病専門復職支援
ライン

ルポゼの特色

他の多くの病気と同様に、うつ病についても適切なリハビリテーションと心理社会的支援を受けることで、回復を促進し、再び社会に参加していくことができます。
近年、うつ病などの精神疾患で仕事を休む社員が多くの職場で増加し、しかも30代の働き盛りの年代で最も増加しています。職場内でうつ病で仕事を休む社員が増えるとともに、いったんは復職しても再休職する社員も多くみられるようになり、社会全体としてのメンタルヘルス対策が必要であると言われるようになってきました。

休職中の社員を職場へ復帰させるためのリハビリテーションとしては、各地の医療機関や障害者職業センター等に広がっているリワークプログラムがあります。しかし、そうしたプログラムを実施しているところの多くは、医療機関を変えなくてはならなかったり、在職中の方のみを対象としていたりと、様々な制限があります。また参加したくても定員待ちであったり、プログラムの開始月が決まっていて次のクールまで待たなければいけないこともあります。

ルポゼは「福祉サービス事業所」という特性を生かして、

  • 利用の受け入れに際し、できる限り制限を加えない
  • 利用希望者に対し、お待たせすることなく速やかにサービスを提供する
  • 医療機関を変えずに利用できるため、現在受けている治療をそのまま継続できる
  • 職場の復職支援の制度を生かしながら、それを補完するような形で利用できる  
といった点を心がけて運営しています。
  • うつ病のため会社に行けなくなり休職しているが、なかなか状態が回復せず悩んでいる
  • どの程度まで自分が回復してきているのかわからず、復職への不安がある
  • いったん回復して復職したものの、状態が悪くなり再休職となっている
  • 仕事を辞めざるを得なくなり再就職を目指しているが、自分一人ではどうしていいのかわからない
いろいろな方々が、ルポゼには集まってきています。あなたは一人ではありません。 皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。

電話番号
受付時間 平日9時~17時