ルポゼ
うつ病専門復職支援
ライン

理事長挨拶

田尾

巣立ち会の活動は、平成4年に始まりました。日本には、住む場所と適切な支援がないために長く精神科病院に入院している人が7万人以上もいると言われています。このような人たちを地域に迎え入れて、住民同士仲間を作って暮らしていけるような街づくりをしたい、それが発足当時の思いでした。
それから20年近く経ちました。大勢の方々のご協力も頂き、現在の利用者は250名ほどになります。目の前の一人一人の可能性を信じて、支援を続けてきた結果だと感じています。
一方で、広く現在のメンタルヘルスを考えた時に、それだけでは社会のニーズに応え切れていないのではないかと考えるようになりました。そこで平成21年春に始めたのが「ルポゼ」です。
うつ病の復職支援(リワーク)については、医療機関での取り組みが始まっていますが、まだまだ数も少なく、100万人を超えたといわれる気分障害の方々のニーズに応え切れていないのが現状です。現在、地域の福祉事業所でうつ病専門の支援を行っているところは、おそらくないのではないかと思います。私たちの実践が先駆けとなってそうした事業所が増えれば、うつ病で辛い思いをしている人たちの選択肢も増え、回復への可能性が高まることになると考えています。
“repose”は「休息・平穏」といった意味があります。うつ病のリハビリテーションとは、深刻な精神的苦痛から立ち直り、その上で仲間を見つけて再び社会とのつながりを取り戻していくプロセスです。そこに至る方法に大まかなパターンはありますが、とはいえ唯一の正解があるわけではありません。ルポゼを通じて、利用者の皆様がそれを見つけるお手伝いができればと思います。
皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。

田尾有樹子 臨床心理士・精神保健福祉士
<略歴>
昭和53年4月 医療法人社団欣助会 吉祥寺病院
約30年間、精神科ソーシャルワーカーとして勤務
平成4年6月 任意団体巣立ち会を立ち上げる
平成14年9月 巣立ち会が社会福祉法人格を取得
理事に就任
平成17年4月 日本社会事業大学 通信課程教員
以後5年間、精神保健福祉士養成に携わる
平成22年9月 社会福祉法人巣立ち会理事長に就任
<委員など>
平成20年4月~平成21年9月
厚生労働省「今後の精神保健医療福祉のあり方等に関する検討会」検討委員
平成22年4月~現在
「こころの健康政策構想会議」提言起草委員
平成22年5月~現在
厚生労働省「新たな地域精神保健医療体制の構築に向けた検討チーム」検討委員
平成24年1月~現在
日本精神障害者リハビリテーション学会常任理事
電話番号
受付時間 平日9時~17時